通カード
地下鉄完璧ガイド

地下鉄完璧ガイド

韓国旅行の移動で最も使用する機会の多い「地下鉄」は行き先もわかりやすく、渋滞や言葉の心配も不要です。また、韓国の地下鉄は、路線ごとに番号と色で識別しやすくなっているので、非常にシンプルで分かりやすく、初めて利用する方にもおすすめの移動手段です。「これさえ知っておけば絶対大丈夫!」地下鉄の必ず押さえておきたい情報をチェックしておきましょう。

国の地下鉄って?

【おすすめポイント】

  1. 初めて韓国に行く人でも分かりやすい
  2. 渋滞や大きな時間のずれが少ない
  3. 料金が安い

【こんな人におすすめ】

  1. 初めて韓国に行く人
  2. ハングルが読めない人
  3. 交通費を安く抑えたい人
下鉄の料金
subwayFee

※追加距離:10km~50kmまで5kmごとに100ウォン追加,追加距離:50km超過時8kmごとに100ウォン追加

車の簡単6ステップ

1. 目的地までの行き方を調べる

subwayRide1

「Subway Korea」で調べると便利

  • アプリで目的地までの行き方を確認
  • アプリがない場合は、駅の路線図で確認(路線の番号や色を目印にすると◎)

2. 乗車券を購入する

subwayRide2

「1日用交通カード」がおすすめ

  • 交通カードは買って後が非常に楽
  • 「1日用交通カード」もしくは「交通カード」を購入
  • 「1日用交通カード」以外はカードを補充(500ウォン)が必要で少し面倒

3. 改札を通る

subwayRide3

「T-money」が便利

  • 交通カードの残高と改札の方向に注意
  • 残高不足なら通じに限りモデラティ
  • 乗換駅付近に非常に怖がれているなかな
  • 過去最高もかなモデラティ未承認ときにはいるの怖い。

4. 乗車する

subwayRide4

進行方向が合っているか確認

  • 階段を下ってホームに行く
  • 乗客がすべて降りるのを待ってから乗車

5. 下車・乗り換え

subwayRide5

乗り換えは地下鉄の番号や色を目印に

  • そのまま下車する場合:
  • 電車から降りて改札の方に向かう
  • 乗り換えが必要な場合:
  • 矢印の方向に進めば乗り換え簡単
  • 乗り換えゲートは料金が発生しない

6. 改札から出る

subwayRide6

保証金の受け取りも忘れずに

  • 入場時同様、改札にタッチしてから出る
  • 「1日用交通カード」の場合、カード保証金返還機で保証金を必ず受け取ろう
前に知っておくと役立つ知識

「降りる人優先」というマナーがあまり浸透しておらず、入ってくる人波に飲まれて降りられないなんていうことも。降りる駅が近づいてきたらドアの付近に立って、すぐに降りられる準備をしておくと良いでしょう。

韓国の地下鉄内では「物売り」という違法販売を行なっている人がいます。何か話しかけられたり足に商品を置かれることもありますが、基本目を合わせずに無視しましょう。置かれた商品も触らないで待っていれば回収して行きますので安心してください。

韓国の地下鉄は日本の地下鉄ほど時間が正確ではなく、時間通り来ないことも多いです。1分〜2分の遅れのせいで乗り換えに間に合わず、約束に遅れてしまうなんてこともしばしば…基本3分~10分間隔で運行されているので少し待てば乗車できますが、約束などがある場合は、少し早めに駅に向かいましょう。

地図上では近く見えても、歩いてみると通路が長かったり少し坂になっていることもあるので、荷物が多い時などは時間に余裕をもって行動しましょう。また、アプリで最短乗り換えが出来る「号車とドアの番号」が分かるので、最短の乗り換え位置を確認してから乗車しましょう。この位置を事前に把握しておかないと、歩く距離が長くなったり人混みに紛れてかなり時間が掛かり、場合によっては電車に乗り遅れる可能性もあるので、必ずチェックしておきましょう。

日本では電車内で電話をするのはマナー違反ですが、韓国では電話をするのが当たり前の文化。電話をしている人を見かけても、マナー違反ではないので嫌な顔をしたり、注意したりしないようにしましょう。また、電話する際は大きな声で喋りすぎないように注意してください。

日本では優先席が空いている場合は健常者でも座ってOKですが、韓国では席が空いていても座る習慣はなく、健常者は普通は座りません。特に一般席と同じ列にあるピンクの「妊婦配慮席」も同様で、知らずに座ってしまうと白い目でみられたり、現地の方に怒られてしまうなんてことも。