料品
travel-tips

K-食品

韓国の食品は、その味と香り、調理法の多様性で世界中から愛されています。特に、深い味わいと健康に良い材料の使用は、韓国食品の大きな特徴の一つです。また、伝統的な食品に加え、現代的なニーズを反映した新商品の開発も活発に行われており、絶えず変化し発展する食文化を示しています。

国で食料品を買うならどこ?

1. 大型マート

韓国で食品を購入するための大型スーパーマーケットには、イーマート、ロッテマート、ホームプラスなどがあります。これらのマートは全国に展開しており、新鮮な野菜や果物、肉類、魚介類など様々な食品だけでなく、生活用品、家電製品、衣類まで幅広い商品を一ヶ所でショッピングできる便利さを提供しています。大型スーパーマーケットは広い駐車場を完備しているため、車を使った大量購入が容易であり、定期的な割引セールやプロモーションを通じて経済的なショッピングが可能です。また、各マートごとにメンバーシッププログラムを運営しており、ポイントの積み立てや追加割引の特典を提供しているため、多くの消費者に人気があります。

olive1
olive2
olive3
olive4

2. コンビニ

韓国のコンビニは、食品購入において非常に重要な役割を果たしています。24時間営業のコンビニは、全国各地に位置しており、アクセス性が非常に優れており、小規模ながらも様々な種類の食品や生活必需品を取り揃えています。主要なコンビニチェーンには、CU、GS25、セブンイレブン、イーマート24などがあり、これらは簡単な食事、飲み物、菓子、即席ご飯、キンパ、サンドイッチなど、各種調味料や簡単な料理材料まで販売しています。

olive1
olive2
olive3
olive4

3. ダイソー

ダイソーでは、食品や食料品も取り扱っており、簡単なスナックから調理に必要な基本的な材料、さまざまな種類の飲み物やお茶、そして特別な料理に使用できるユニークな調味料やソースなどを、手頃な価格で購入することができます。特に、少量パッケージの食品が多く、一人暮らしの人や小規模の家庭に適しており、さまざまな種類の輸入食品も手頃な価格で出会えるのが大きな利点です。

olive1
olive2
olive3
olive4
【重要】買い物前に知っておいて!

日本への入国時に持ち込めない食品には、新鮮な果物や野菜、生の肉、一部の乳製品などが含まれます。特に動物性製品は検疫規制により厳しく制限されているため、キムチや塩辛などの発酵食品も税関検査で問題になる可能性があります。韓国から日本へ持って行きたい食品がある場合は、必ずその国の検疫情報を確認し、加工食品の場合は成分や原産地表示を入念に確認することが重要です。

環境保護と使い捨て製品使用の減少の流れに伴い、買い物時にエコバッグを持参することは非常に便利です。特に、韓国の多くの店舗ではビニール袋を有料で販売しているため、個人のショッピングバッグを持ち歩くことで不要な費用を節約できます。また、エコバッグは一般的なビニール袋よりも耐久性があり、何度も再利用できるため、多くの買い物がある旅行で大いに役立ちます。

韓国の多くのスーパーやコンビニでは、1+1、2+1などのプロモーションを頻繁に行っています。これらのキャンペーンをうまく利用すれば、必要な商品をより経済的な価格で購入できます。特に、旅行中はスナックや飲み物などの消耗品を購入する機会が多いため、1+1キャンペーンの商品を選ぶことでコストを大幅に節約できます。ただし、過剰な購入により消費しきれずに捨てることがないよう注意が必要です。

食品を購入する際は、必ず賞味期限や消費期限を確認してください。特に旅行中は、短期間で消費する必要があるため、購入した食品を旅行期間中に安全に摂取できるかどうかを確認することが重要です。賞味期限が短い商品を購入する場合は、割引販売をしていることもありますが、持ち帰るまで安全に保管できるか、旅行スケジュール内で消費できるかを考慮する必要があります。