SIMカード
韓国旅行時にまず準備しなければならないものが「インターネット通信」です。海外でスマホが使えないと、道を検索したり地下鉄の乗換検索などができず、かなり不便ですよね。そこで旅行時に利用できる3つの通信方法をご紹介!
SIMカードって何?
韓国用のSIMカードをお手持ちのスマホに差し込むことで、韓国でもネット回線の利用が可能になります。現地の回線を使用しているため、通信速度が速い点が魅力です。eSIMはQRコードだけで設定登録ができるので便利ですが、やはりまだSIMカードに比べるとお値段がお高いので、安く済ませたい方にはSIMカードがおすすめです。
メリットデメリット
⭕ コストを抑えられる❌ サイズや種類を間違えてしまうと使えない
⭕ 電話番号付きの物もある(受信のみ可の場合も)❌ SIMロック解除が必要
⭕️ 充電不要❌ 日本のSIMカードの紛失・破損のリスクがある
⭕️ 大きな荷物は増えない❌ SIMカード入れ替えが必要(ピンも用意する)
んな人におすすめ
  • できるだけ安く済ませたい方
  • 韓国の電話番号がほしい
  • 到着直後、帰国直前までデータ通信がしたい
SIMカードの選び方のコツ

何GBくらいあれば足りそうか、まずはここからスタートです。韓国滞在中「WiFiはどれくらい使えそうか」 「インターネットを基本何に使うのか」を考えて決めるのが重要です。日本で日常的にどれくらいのデータを 使っているかも参考にしましょう。

韓国では、ウェイティングがある時やカカオタクシーの利用時(基本SMSにメッセージや認証コードが飛んでくる)、緊急時の連絡先として電話番号が役に立つ場合が多くあります。また、電話番号付きのeSIMは一時的に電話番号が変わるため、日本から電話をかけてもらう場合は国際電話料金となるので要注意!

利用者の口コミ評価をチェックしておくことが、よりよいサービスを選ぶ超重要ポイントです。 万が一電波が弱い・通信が遅いなど口コミ評判が悪いeSIMを申し込むと、後悔する可能性も…

テザリングとは、一つのデバイスのデータ通信を利用し、パソコンなどの他のデバイスでもインターネットを接続できる機能のことです。テザリングは、①提供する機器のバッテリーが消費しやすい②一定時間通信がないと接続が切れる③その分消費するデータ容量も増えるなどデメリットもあります。複数人で海外旅行をするときに一つのSIMをデザリングしてインターネット共有する方法もありますが、すぐに共有が途切れてしまうことも多いため、各自でeSIMを用意するかレンタルWi-Fiなどの利用がおすすめです。

SIMカードの注意点

日本で使用していたSIMカードを本体から取り出した後は、日本到着まで無くさないよう保管しましょう。紛失してしまうと、日本帰国後にスマホを使えなくなるだけでなく、再発行の手続きに時間がかかったり、発行手数料が発生したりします。また、SIMカードを取り出す際にSIMピンを使用した場合は、帰国時入れ直す時に再度必要になるので、帰国時までは保管しておきましょう。

日本にいる間にスマホのSIMロックを外して、SIMフリーにしておきましょう。SIMフリーにできていないと、現地で買ったSIMカードを挿しても、スマホがうまく作動しません。新しい機種であれば既にSIMロックが解除された状態であることが一般的ですが、一応確認しておきましょう。

SIMカードの大きさは、標準SIM、MicroSIM、NanoSIMという3種類があります。現在は、ほぼすべてにnanoSIMが使われていますが、古い機種はほかのSIMである可能性があります。自分のスマホや携帯電話に合ったサイズのSIMカードを購入して下さい。購入するSIMカードのサイズを間違えると利用できないので、事前に確認しておきましょう。

SIMカードの入れ替えは簡単にできますが、いくつか注意点もあるので確認しておきましょう。①静電気に注意して扱うこと→不具合の原因になります。②SIMカードの向きに注意すること→SIMカードの形状は、一箇所凹んだ部分に合わせてぴったり収まります。③SIMカードのIC部分には触れない→IC部分は繊細なので、場合によっては圏外表示や電波不具合の原因になるかもしれません。

簡単!SIMカードのご利用方法
※SIMカードの入れ替え方については、端末によって異なる場合があります。
step0
Step 1Step 2Step 3Step 4Step 5
simcard_caution