入国手続き
travel-tips

Small Title

漢字

新の渡航条件の確認

まず初めに最新の渡航条件について確認しておきましょう。

文章
前に準備すべきこと

時間に余裕を持って準備することが大切です。

文章
国の流れ(日本→韓国)

韓国へ渡韓当日の流れを確認しておきましょう。

1. 日本の空港ですること

チェックイン手続きとは何ですか?

旅客が航空会社のカウンターで身分証明書と航空券を提示して搭乗券を受け取り、必要な場合は荷物を預ける手続きです。

荷物を預ける方法は?

チェックイン時に航空会社のカウンターに荷物を提出し、荷物タグを受け取ります。荷物は飛行機の貨物室に搭載されます。

保安検査はどのように行われますか?

旅客と持ち物は保安検査場を通過しなければなりません。金属探知機を通過し、必要に応じて身体検査や持ち物の追加検査を受けることがあります。

出国検査とは何ですか?

パスポートと搭乗券を提示して出国許可を受ける過程です。一部の国では出国カードの記入が必要になることがあります。

飛行機への搭乗手続きはどのように行われますか?

搭乗口で搭乗券と身分証明書を提示した後、飛行機に搭乗します。搭乗時間と搭乗口情報は搭乗券に記載されています。

2. 韓国行きの飛行機内ですること

入国カードおよび関税申告書の記入

ほとんどの国際線で配布される入国カードと関税申告書を記入します。旅行の目的、宿泊先情報、携帯品に関する詳細などを正確に記入してください。

SIMカードの交換(日本→韓国用)

必要な場合は、日本用SIMカードから韓国で使用可能なSIMカードに交換します。これにより、通信サービスをスムーズに利用できます。空港に到着後、通信会社のブースで韓国SIMカードを購入することもできます。

健康状態に関するアンケートの記入

一部の国では、健康状態に関するアンケートの記入を求められることがありますので、飛行機内で該当する書類を受け取った場合は、正確に記入してください。

航空会社のアプリまたはウェブサイトを通じた自己診断

コロナ19パンデミック以降、一部の航空会社では、搭乗前または到着前に健康状態を確認するオンライン自己診断を要求することがあります。航空会社の指示を確認してください。

手荷物規定の確認

到着前にもう一度手荷物規定を確認し、規定に適合しない品物を携帯していないか確認してください。

3. 韓国到着後にすること

入国審査とは?

旅行者は入国審査カウンターでパスポートと入国カード、必要に応じてビザを提示して、入国許可を受ける必要があります。審査員が質問する場合がありますので、滞在目的や宿泊先などの情報を準備しておいてください。

荷物の受け取り方法は?

荷物受取エリアで、自分の荷物がコンベアベルトに現れるのを待ちます。預け入れ時に受け取った荷物受取証を確認し、荷物が自分のものであることを確かめてから受け取ってください。

通関手続きについて

すべての旅行者は、荷物を受け取った後、通関検査を受ける必要があります。申告する物品がある場合は、申告窓口で関税申告書を提出してください。何も申告するものがない場合は、何も申告しない通路を通過できます。

空港からの移動手段は?

空港から都市中心部や他の目的地への移動手段には、バス、電車、タクシー、または事前に予約したプライベートトランスファーサービスがあります。各オプションの費用と所要時間を事前に調べておくと便利です。

SIMカードやWi-Fiレンタルは?

空港内には、SIMカードの購入やポータブルWi-Fiルーターのレンタルを提供するショップが多数あります。到着後すぐにインターネットに接続したい場合は、これらのオプションを利用すると良いでしょう。

国の流れ(韓国→日本)

入国時と帰国時の手続きは異なる部分があるので注意しましょう。

1. 韓国の空港ですること

チェックイン手続きとは?

航空券とパスポートを使用して、航空会社のカウンターまたは自動チェックイン機で搭乗手続きを行います。この時、必要に応じて荷物を預け、搭乗券を受け取ります。

荷物を預ける方法は?

チェックインカウンターでパスポートと航空券を提示し、荷物を預けます。荷物には目的地と名前が記載されたタグが取り付けられ、預け入れ証明書が渡されます。

保安検査とは?

搭乗ゲートへの進入前に、保安検査エリアを通過する必要があります。個人と手荷物はX線検査と金属探知器を通過し、場合によっては追加の身体検査を受けることがあります。

出国審査は必要ですか?

はい、すべての国際線乗客は出国審査を受ける必要があります。パスポートと搭乗券を準備し、審査官に提示してください。審査は通常迅速に行われますが、ピーク時には少し時間がかかることがあります。

免税店の利用はどうすればいいですか?

保安検査と出国審査の後、免税店を利用することができます。購入したい商品を選び、パスポートと搭乗券を提示して免税価格で購入することができます。

2. 日本行きの飛行機内ですること

機内での安全指示に注意する

離陸前に、機内安全ビデオまたはキャビンアテンダントからのデモンストレーションを注意深く見聞きし、安全に関する指示や緊急時の対応方法を理解しておくことが重要です。

入国カードの記入

日本への入国には、入国カードの記入が必要です。飛行機内で配布されるので、個人情報、滞在先、滞在期間など必要な情報を正確に記入してください。

関税申告書の記入

申告すべき荷物がある場合は、関税申告書を記入する必要があります。免税範囲を超える買い物や持ち込み品に関する情報を記入して、税関で提出します。

機内でのリラックス

長時間のフライトでは、快適に過ごすためにリラックスすることが重要です。機内エンターテイメントを楽しんだり、読書をしたり、睡眠を取るなどして過ごしましょう。

水分補給を心掛ける

機内は乾燥しやすい環境なので、定期的に水分を補給することが大切です。水分補給には、水やジュースが適しています。アルコールやカフェインは脱水を促す可能性があるため、摂取は控えめにしましょう。

3. 日本到着後にすること

入国審査を受ける

空港に到着後、まず入国審査カウンターでパスポートと入国カードを提示し、審査を受けます。必要に応じてビザや滞在目的に関する質問に答える必要があるかもしれません。

荷物を受け取る

入国審査後、荷物受け取りエリアに進み、自分の荷物をピックアップします。荷物が見当たらない場合は、空港の紛失・見つかり物サービスに問い合わせてください。

税関検査を通る

すべての旅行者は税関検査を通過する必要があります。何も申告するものがない場合は、何も申告しないレーンを選択します。申告するものがある場合は、申告レーンを利用して詳細を申告してください。

交通機関を利用する

空港から目的地までの移動手段を事前に計画しておくことが重要です。電車、バス、タクシー、レンタカーなど、利用可能な交通手段を確認し、所要時間や費用を把握しておきましょう。

通信サービスを設定する

日本での通信手段を確保するため、SIMカードを購入するか、Wi-Fiルーターをレンタルすることができます。空港内には多数のショップや自動販売機があり、到着直後に手配することが可能です。