Tailwind CSS を活用したダークモードの実装方法

ダークモードは、ユーザーに快適で視覚的に魅力的な体験を提供する、重要なウェブデザインのトレンドの一つです。今回は、Tailwind CSS を活用してウェブアプリケーションにダークモードを実装する方法について説明します。


始める前に: Tailwind CSS のインストール

  • Name
    tailwindcssのインストール
    Type
    Description

    ダークモードを実装するには、最初にTailwind CSSをプロジェクトにインストールする必要があります。次のコマンドを使用してインストールできます。

install tailwind

npm install tailwindcss

ダークモードの設定

  • Name
    ダークモードの設定
    Type
    Description

    Tailwind CSSは、ダークモードをサポートするためにdarkクラスを使用します。このクラスを使用すると、ダークモードとライトモードの切り替えが可能になります。まず、tailwind.config.jsファイルを開いてdarkModeの設定を追加します。

tailwind.config.js

// tailwind.config.js
module.exports = {
    darkMode: 'class',
// ... 他の設定
}

ダークモードのスタイル追加

  • Name
    ダークモードのスタイル追加
    Type
    Description

    ダークモードのスタイルは既存のスタイルに追加する必要があります。例えば、ダークモードで背景色や文字色を変更する場合は、以下のようにクラスを追加します。

    例では、bg-white はライトモードの背景色、dark:bg-gray-800 はダークモードの背景色を示しています。

dark:を使用したダークモードのスタイル追加

<div className="bg-white dark:bg-gray-800 text-black dark:text-white">
<!-- コンテンツ -->
</div>

ダークモードの切り替えボタン追加

  • Name
    ダークモードの切り替えボタン追加
    Type
    Description

    ユーザーがダークモードとライトモードを切り替えるためのトグルボタンを追加することをおすすめします。これには、JavaScriptを使用してHTML要素のクラスを操作します。

トグルボタン

<button id="darkModeToggle" class="text-gray-600 dark:text-gray-400">ダークモード切替</button>

_app.js

const darkModeToggle = document.getElementById('darkModeToggle')

darkModeToggle.addEventListener('click', () => {
  document.documentElement.classList.toggle('dark')
})

Tailwind CSS を活用したダークモードの実装のまとめ

Tailwind CSSを使用してウェブアプリケーションにダークモードを実装する方法について説明しました。ダークモードはユーザーエクスペリエンスの向上に役立ち、Tailwind CSSの簡単なクラスベースのアプローチを活用して簡単に実装できます。アクセシビリティを考慮しながらデザインを調整し、ユーザーにより良い環境を提供してみてください。

最後に、ユーザーのライト/ダークモードの環境を無視してダークモードを優先的に適用する方法をお伝えします。ここで説明した内容で記事を締めくくります。

_app.js

// ダークモード固定
useEffect(() => {
    document.documentElement.classList.add('dark') // ページ読み込み時に最初から 'dark' クラスを追加
}, [])