フロントエンドフレームワーク:Next.js 13

こんにちは、今日は フロントエンドフレームワーク:Next JS 13 について見ていきましょう。

説明

フルスタック Web アプリケーションを構築するための React フレームワークです。ユーザーインターフェースを構築するために React コンポーネントを使用し、Next.js は追加の機能と最適化を提供します。

Next.js は React に必要なコンパイルなどのツールを抽象化し、自動的に構成します。これにより、アプリケーションの構築に集中することができます。

Next.js を使用すると、動的で高速な React アプリケーションを構築できます。

フロントエンドフレームワーク でフルスタック Web アプリケーションの構築に Next.js を紹介する理由は?思うかもしれませんが、現在の Next.js の提供する API を活用した際のスピード面での満足度が低かったためです。

即座に大規模なサービス(サーバー)で使用するには無理があります。


Next.js 13 の利点

  • Name
    Routing
    Type
    Description

    Next.jsはファイルシステムベースのルーターを提供し、レイアウト、ネストされたルーティング、ローディング状態の処理、エラー処理などをサポートします。ルーティング関連の機能を簡単に実装できます。

  • Name
    Rendering
    Type
    Description

    クライアントサイドとサーバーサイドのレンダリングをサポートし、クライアントとサーバーコンポーネントを使用してサーバーで静的および動的レンダリングを最適化します。これにより、アプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  • Name
    Data Fetching
    Type
    Description

    async/awaitを使用してデータの取得を簡単に処理できます。

  • Name
    Styling
    Type
    Description

    様々なスタイリング方法を提供していますが、個人的にはTailwind CSSと最も適合していると考えています。Tailwind CSSに関連しては別の記事を通じて詳細に書き込んでみたいと思います。

  • Name
    TypeScriptのサポート
    Type
    Description

    最近はTypeScriptプロジェクトが増えているため、利点なのか?と考えましたが、さまざまな記事を読んでみると、TypeScriptのサポートも利点だという記事が多かったです。より良い型チェックや効率的なコンパイルをサポートし、カスタム型チェックを安定して活用できます。

nextjs13

Next.js 13 の欠点

  • Name
    学習曲線
    Type
    Description

    Next.js 13以前と以後で区別されます。現在まで多くのプロジェクトがPagesフォルダ構造を持っていますが、Appフォルダ構造ベースに変更する際には時間と労力が必要かもしれません。Appフォルダプロジェクトで進め、引き続きAppフォルダを使用する場合、Pagesに関する学習が不要になるかもしれませんが、Pagesフォルダを併用する場合は学習曲線があると感じました。特にPagesフォルダからAppフォルダへのマイグレーションを進める際には困難を経験しましたし、いくつかのプロジェクトはPagesフォルダを維持しても問題なく動作するため、Pagesフォルダを引き続き使用しています。

  • Name
    サーバーリソース
    Type
    Description

    SSR(サーバーサイドレンダリング)は両刃の剣です。ユーザーにより良い体験を提供できるかもしれませんが、サーバーリソースを使用するため、大規模なトラフィックがある場合、サーバーの負荷が増加する可能性があります。

  • Name
    API
    Type
    Description

    様々な方法でサーバーを実装できますが、Next.jsでも内部でサーバーを実装できます。Node.js、Express.jsを活用してサーバーを構築したこともありますが、すべてのサーバーコード(単純なCRUD)をNext.jsに移行する際にはコードの作成には問題ありませんでした。しかし、様々なサーバーと比較した際に速度が不足していると感じました。現在の記事はNext.js 13 FrontEndに焦点を当てているため、BackEnd Next.js 13については再度取り上げてみたいと思います。

nextjs13seo

Next.js 13 まとめ

React と一緒に、高速で SEO 最適化されたフルスタックアプリケーションを構築するのに便利なフレームワークです。SSR も提供され、サーバー構築も可能になりました。 サーバー機能は不足している部分がありますが、継続的に改善していると発表されたので、本当に良いフレームワークになると思います。

  • 開発者の視点ではなく、ユーザーの視点(友達)に尋ねたとき、サーバーが遅いことは分からないと言います。速さが違うと説明しても、よく分からないという答えを得ました。
  • 理論上、Next.js は SEO 最適化が正しいです。しかし、SEO を最適化してみたときに、最も重要だと思われるのはコンテンツの内容です。