performance.now() 関数を使用したコードのパフォーマンスとメモリ使用量の最適化

コードの実行時間を測定し、メモリ使用量を監視することは、プログラムのパフォーマンスを評価し最適化するために欠かせません。この記事では、コードの実行時間を測定し、メモリ使用量を監視し、両方の側面を最適化する方法について探求します。

コードの実行時間の測定

コードの実行時間を測定するには、現在の時間を表すタイムスタンプを返す performance.now() メソッドを使用できます。開始時刻と終了時刻の差を計算することで、実行時間を求めることができます。

performance.now()

function exampleFunction() {
    // 코드 실행 시작 시간 기록
    const startTime = performance.now();

    // 여기에 코드 실행

    // 코드 실행 종료 시간 기록
    const endTime = performance.now();

    // 실행 시간 계산 (밀리초로 나타남)
    const executionTime = endTime - startTime;

    console.log(`코드 실행 시간: ${executionTime} 밀리초`);
}


メモリ使用量のモニタリングと最適化

メモリ使用量をモニタリングするために、ウェブブラウザの開発者ツールを使用できます。ほとんどのブラウザ、例えば Chrome、Firefox、Safari などは、メモリプロファイリング機能を提供しています。

  1. Chrome開発者ツールを使用したメモリプロファイリング
  • ChromeでF12キーを押して開発者ツールを開きます。
  • 「パフォーマンス」タブに移動し、「記録」ボタンをクリックしてパフォーマンスプロファイリングを開始します。
  • コードを実行した後、「停止」ボタンをクリックしてプロファイリングを終了します。
  • 「Memory」セクションで、メモリ使用量に関連する情報を見つけることができます。
  1. メモリリークの特定
  • メモリリークとは、プログラム内で意図しないメモリ使用によりメモリが持続的に増加する現象を指します。開発者ツールの「Memory」タブでメモリスナップショットを取得して、メモリリークを特定することができます。

サンプルコードを分析することで、コードの実行時間を測定し、メモリ使用量を最適化することが可能でした。不変性のため、各操作ごとに新しい文字列を作成する必要がある文字列操作は、メモリ使用量が多くなります。しかし、配列を使用するとメモリ使用量を削減できます。

コードのパフォーマンスを測定し、メモリ使用量をモニタリングしながら、コードのパフォーマンスとメモリ使用量を最適化するには、かなりの理論的知識が必要であることが、コードのパフォーマンスを測定しメモリ使用量をモニタリングする過程で明らかになりました。

performance.now()