API とは?できるだけ簡単に説明する

説明に入る前に、API をバックエンドの分野だけのものと考えないでください。この文章を書いている間に、適切なカテゴリが見つからず、将来的には別途分類する予定です。

最も簡単な例として、

フロントエンドはレストランにやってきたお客様、API は注文を受けるウェイター、バックエンドは台所で料理をするシェフです。

私たちはレストランで食事を注文するとき、メニューに載っている料理しか注文できません。つまり、コミュニケーションに必要なルール(メニュー)だと考えると理解しやすいです。

API は「Application Programming Interface」の略で、2 つのソフトウェアアプリケーション間で情報を交換する方法を定義したものです。これはまるで 2 つのアプリケーションがどのようにコミュニケーションすべきかを示したルールブックと考えることができます。

それでは API はなぜ重要なのでしょうか?

API はさまざまなソフトウェアサービスがお互いに連携し、情報を共有できるようにします。例えば、他のウェブサイトで Google ログインを使用したり、天気情報を表示したり、決済サービスを利用したりする際に API が使用されることがあります。これにより、複数のサービスを組み合わせて、より複雑で有用な開発を行うことができるようになります。

API はどのように動作するのでしょうか?

API はリクエスト(Request)とレスポンス(Response)で構成されています。API を使用してリクエストを送信し、そのサービスはそのリクエストに応答します。リクエストは必要なデータとそのデータをどのように処理するかを指定し、レスポンスにはサービスが提供するデータが含まれます。

つまり、ユーザーはウェイター(API)を通じて料理を注文(リクエスト)し、ウェイター(API)は注文内容をシェフに伝えてメニュー(リクエスト)を調理して提供(レスポンス)します。

最後に

API はモダンなソフトウェア開発で必要不可欠な部分であり、さまざまなサービスが接続されてより豊かで強力なアプリケーションを作成できるようにします。

API を作成する役割はバックエンド開発者(サーバー開発者)が担当するため、この記事はバックエンドカテゴリに書かれています。'

api?