uuid(日本語)

UUID は一意の識別子を生成するためのアルゴリズムです。このアルゴリズムにより、ネットワーク内で生成されるすべての UUID が時間や空間に関係なく重複しないことが保証されます。

Features

  1. 一意性:UUID は世界中のどこでも一意に生成されます。これはデータベース、ファイル、クラウドなどのオブジェクトを一意に識別するために不可欠です。

  2. トレース不可能性:UUID はランダムに生成されるため、生成された UUID だけから作成者や時間、場所を追跡することは不可能です。この特性は、プライバシー保護などの分野で重要な役割を果たします。

  3. スケーラビリティ:UUID は国際的な標準であり、スケーラブルな長さを持つため、将来にわたって十分な一意の識別子を生成することができます。


Installation

npm i uuidというコマンドを使用して、Node.js環境でユニバーサルユニーク識別子(UUID)を生成するためのパッケージであるuuidをインストールします。

Installation

npm install uuid

Usage

'uuid'ライブラリは一意の識別子を生成するために使用されます。これは、ウェブサーバーでのリクエストのトラッキングやデータベースレコードの一意の識別に使用できます。

  • Name
    uuidのインポート
    Type
    Usage
    Description

    v1またはv4の関数を呼び出すことでUUIDを生成できます。

Cautions

  • Name
    重複の防止
    Type
    Cautions
    Description

    UUIDは呼び出すたびに一意の値を生成するため、同じUUIDをプロジェクト内で複数回使用しないようにすることが重要です。

  • Name
    予測不可能性
    Type
    Cautions
    Description

    UUIDはランダムに生成されるため、予測不可能です。そのため、UUIDを直接暗号キーまたはパスワードとして使用することはおすすめしません。

  • Name
    レンダリングの考慮事項
    Type
    Cautions
    Description

    ReactなどのフレームワークでコンポーネントのキーとしてUUIDを使用する場合、各レンダリングごとに新しい値が生成されるため注意が必要です。これは予期しないレンダリングの問題を引き起こす可能性があります。

  • Name
    衝突の可能性
    Type
    Cautions
    Description

    理論的にはUUIDは一意ですが、v4(ランダム)UUIDには衝突の可能性がわずかに存在します。実際の確率は非常に低いですが、完全に排除することはできません。そのため、特定の使用ケースでは、一意性に完全にUUIDだけを頼るだけでは十分ではなく、追加の一意性チェックが必要になる場合があります。

Usage

const { v1: uuidv1, v4: uuidv4 } = require('uuid');

console.log(uuidv1()); // '6c84fb90-12c4-11e1-840d-7b25c5ee775a'
console.log(uuidv4()); // '16fd2706-8baf-433b-82eb-8c7fada847da'


Customization

'uuid'ライブラリはいくつかのバージョンのUUID生成メソッドを提供しています。その中でも最も一般的に使用されるバージョンはv1およびv4です。それぞれのバージョンは独自の方法でUUIDを生成し、これは「カスタマイズ」機能の一種と見なすことができます。

Explanation

  • Name
    v1
    Type
    Customization
    Description

    このバージョンで生成されるUUIDはタイムスタンプとマシンのMACアドレスに基づいています。そのため、生成されるUUIDは作成時の時間や生成したマシンによって異なる場合があります。カスタマイズの観点からは、複数のマシンで同時にUUIDが生成される分散システムで役立つことがあります。ただし、MACアドレスを含めることはプライバシー上の懸念事項になることに注意してください。

  • Name
    v4
    Type
    Customization
    Description

    このバージョンで生成されるUUIDは純粋にランダムです。各桁の値をユーザーが設定することはできませんが、生成されるUUIDのランダム性はカスタマイズの一種と見なすことができます。ランダムUUIDは生成するマシンに関係なく、同じ値を生成する確率が等しいため、同じマシン内でのみUUIDが生成されるシステムで役立ちます。

Customization

import { parse as uuidParse } from 'uuid';

// Parse a UUID
const bytes = uuidParse('6ec0bd7f-11c0-43da-975e-2a8ad9ebae0b');

// Convert to hex strings to show byte order (for documentation purposes)
[...bytes].map((v) => v.toString(16).padStart(2, '0')); // ⇨
// [
// '6e', 'c0', 'bd', '7f',
// '11', 'c0', '43', 'da',
// '97', '5e', '2a', '8a',
// 'd9', 'eb', 'ae', '0b'
// ]

Example

一意のキーを確保するために、ここでは各要素に対してuuidv4()を使用して一意のキーを生成しています。uuidv4()は一意性を保証するため、各要素に対して一意のキーを生成するのに適しています。

Additional Explanation

  • Name
    再レンダリング
    Type
    Example
    Description

    uuidv4()map関数内で呼び出されているため、コンポーネントが再レンダリングされるたびに各要素に対して新しいキーが生成されます。これはReactにおいて不要な再レンダリングを引き起こし、パフォーマンスに悪影響を及ぼし、状態の永続性に問題を引き起こす可能性があります。

  • Name
    解決策
    Type
    Example
    Description

    rewards内の各アイテムがすでに一意のIDを持っている場合は、そのIDをキーとして使用することをおすすめします。そうでない場合は、rewardsデータが初期作成または取得されたときに各アイテムにuuidを割り当て、そのuuidをキーとして使用することが望ましいです。このアプローチにより、コンポーネントの再レンダリングごとに新しいキーが生成される問題が回避されます。

/lostark/calendar.jsx

import React from 'react'

import { v4 as uuidv4 } from 'uuid'

export default function Reward({ rewards }) {
    return (
        <div className="p-6">
            <h2 className="mb-4 text-2xl font-bold">보상</h2>
            <div className="grid grid-cols-1 gap-4 sm:grid-cols-2 md:grid-cols-3">
                {rewards.map((reward) => (
                <div className="rounded-lg border p-4" key={uuidv4()}>
                    <h3 className="text-xl font-semibold">{reward.name}</h3>
                    <span className="text-sm text-gray-500">{reward.type}</span>
                    <ul className="mt-2 list-inside list-disc">
                    {reward.items.map((item) => (
                        <li key={uuidv4()}>{item}</li>
                    ))}
                    </ul>
                </div>
                ))}
            </div>
        </div>
    )
}