framer-motion(日本語)

  1. Framer は、Framer によって作成された React 用のオープンソースモーションライブラリです。

  2. Motion は、クリエイティブなプロフェッショナル向けの Web ビルダーである Framer を活用しています。

  3. 特別なコーディングは必要なく、夢のサイトをデザインして公開することができ、最大の速度を楽しむことができます。

Features

  1. 宣言的: Framer Motion は React の宣言的なパラダイムに従います。これにより、アニメーションの状態を宣言的に記述し、ライブラリがトランジションを処理できるようにします。このアプローチはコードの可読性を高め、メンテナンスを容易にします。

  2. 簡単なアニメーション制御: Framer Motion は、アニメーションの開始、停止、繰り返しといったアニメーションの状態を制御するための簡潔な API を提供しています。これにより、複雑なインタラクションを簡単に実装することができます。

  3. 自然なモーション: Framer Motion は、物理ベースのアニメーションをサポートし、自然でスムーズな動きを模倣します。これにより、より没入型のユーザーエクスペリエンスを作り出すのに役立ちます。

  4. サーバーサイドレンダリング(SSR)の互換性: Framer Motion はシームレスにサーバーサイドレンダリングをサポートし、SEO の最適化に貢献し、初期のページの読み込み性能を向上させます。

  5. 豊富な機能: Framer Motion には、ドラッグ機能、SVG パスアニメーション、瞬時のページ遷移、スクロールアニメーションなど、さまざまな機能が提供されています。


Installation

Framer Motion をインストールするには、非常に簡単です。単に npm install framer-motion を実行してください。これにより、Framer Motion ライブラリがプロジェクトの node_modules ディレクトリに追加されます。

Cautions

  • Name
    Node.jsとnpmのバージョン
    Type
    Cautions
    Description

    最新バージョンのNode.jsとnpmを使用していることを確認してください。これは、ライブラリのインストールや使用時に問題が発生しないための重要なステップです。Node.jsとnpmのバージョンを確認するには、ターミナルでnode -vおよびnpm -vを実行します。

  • Name
    プロジェクトの互換性
    Type
    Cautions
    Description

    プロジェクトの他のパッケージとFramer Motionの互換性を確認してください。パッケージ間のバージョンの衝突が発生すると、予期しない問題が発生する可能性があります。

  • Name
    開発環境
    Type
    Cautions
    Description

    Framer MotionはReactベースのプロジェクトで使用されるため、プロジェクトにReactがインストールされている必要があります。さらに、Framer Motionを効果的に理解し使用するためには、JSX構文に慣れていることが必要です。

Installation

npm install framer-motion

Usage

Framer Motion は非常にユーザーフレンドリーなアニメーションライブラリです。以下に基本的な使用法を説明します。

  • Name
    import
    Type
    Usage
    Description

    まず、Framer Motionライブラリを使用したいコンポーネントファイルでimportする必要があります。

  • Name
    Basic Usage
    Type
    Usage
    Description

    次に、目的のHTMLタグを対応するFramer Motionのmotion.[tag]要素に置き換えることができます。たとえば、divをアニメーションさせたい場合、次のようにします。

import

import { motion } from "framer-motion";

Basic Usage

<motion.div>
  Hello, world!
</motion.div>

Customization

Framer Motionは、基本的な使用法に加えて、より複雑なアニメーションやインタラクションを実装するためのさまざまな機能とAPIを提供する強力で柔軟なライブラリです。公式ドキュメントに詳細な情報が記載されています。

Explanation

  • Name
    フェードイン
    Type
    Customization
    Description

    アニメーションを追加するには、animateプロップを使用してアニメーションの状態を指定します。たとえば、divを滑らかにフェードインさせるには、次のようにします。

  • Name
    初期状態の設定
    Type
    Customization
    Description

    初期状態を設定するには、initialプロップを使用することができます。

フェードイン

  <motion.div animate={{ opacity: 1 }}>
    Hello, world!
  </motion.div>

初期状態の設定

  <motion.div initial={{ opacity: 0 }} animate={{ opacity: 1 }}>
    Hello, world!
  </motion.div>

Example

Framer Motionを使用したアニメーションの例です。この例では、Framer Motionライブラリが提供する特別な<motion.div>要素を使用しています。この要素を使用すると、CSSの変形、トランジション、その他のアニメーション効果を適用することができます。

Additional Explanation

  • Name
    initial prop
    Type
    Example
    Description

    このプロップはアニメーションの初期状態を定義します。この場合、<motion.div>要素は最初にx軸方向に500pxの移動を持ちます(x: 500)、透明度は0(opacity: 0)、そして元のサイズの50%のスケール(scale: 0.5)となります。

  • Name
    animate prop
    Type
    Example
    Description

    このプロップはアニメーションの最終状態を定義します。この場合、<motion.div>要素は元の位置に戻ります(x: 0)、透明度は1(opacity: 1)となり、元のサイズに戻ります(scale: 1)。

  • Name
    transition prop
    Type
    Example
    Description

    このプロップはアニメーションのトランジションを定義します。この場合、アニメーションの持続時間は1秒です(duration: 1)。


したがって、このコードでは<motion.div>要素が最初は非表示の状態から始まり(透明で、元のサイズの50%、x軸方向に500pxの移動)、1秒の間に徐々に表示されます(透明度が徐々に増加)、元の位置に戻ります(x軸方向に徐々に元の位置に移動)、そして元のサイズに戻ります(スケールが徐々に元のサイズに増加)。

Header.jsx

<motion.div
  initial={{
    x: 500,
    opacity: 0,
    scale: 0.5,
  }}
  animate={{
    x: 0,
    opacity: 1,
    scale: 1,
  }}
  transition={{
    duration: 1,
  }}
</motion.div>