JavaScript の関数の種類(日本語)

JavaScript の関数の種類は、初心者の開発者にとって役立つさまざまな形式の関数を紹介します。関数は JavaScript プログラミングの中で重要な概念であり、これらの異なる関数の種類を理解すると、効果的なコードを書くことができます。

メソッド

  1. Named Functions: ユーザーが名前を指定した関数で、宣言的関数とも呼ばれます。

  2. Anonymous Functions: 関数を作成する際に名前を指定せず、変数または呼び出しのみで宣言できる関数です。

  3. Arrow Functions: シンプルで簡潔な構文で関数を作成できます。

  4. Immediately Invoked Function Expressions: 自動実行関数とも呼ばれる即時実行関数です。ローカルブロック内で巻き上げを防止し、グローバル変数を汚染から守るプライバシー維持関数です。

  5. Higher Order Functions: 1 つ以上の関数を引数として取り、関数を戻り値として返す関数です。

  6. Constructor Function: オブジェクトを作成するために使用される特殊な関数です。


Named Functions

この関数は、名前を使用して関数を定義し、呼び出すことができる、最も伝統的な関数定義方法です。関数名を使用して、コード内でいつでも呼び出すことができます。これにより、コードの可読性が向上し、再利用可能になります。

Named Functions

function greetPlanet(){
    console.log("Hello, Planet");
}
greetPlanet();

Anonymous Functions

無名関数は名前のない関数で、主に関数を変数に代入する方法として使用されます。この関数は他の関数の引数として渡すことができ、関数式を使用して生成されます。

Anonymous Functions

let greet = function (name) {
    console.log(`안녕, ${name}`);
}

greet("KJ");

Arrow Functions

アロー関数はES6で導入された関数定義の方法で、主に短い関数を簡潔に表現する際に使用されます。関数の中身が1行の場合に特に便利です。

Arrow Functions

let greet = () => console.log("안녕");
greet();

Immediately Invoked Function Expressions

即時実行関数式は、定義と同時に実行される関数で、関数を定義するとすぐに呼び出されます。これにより、グローバルスコープの汚染を防ぎ、プライベートスコープを作成できます。

Immediately Invoked Function Expressions

(function () {
    let str = "Hello World!";
    console.log(str);
})();

Higher Order Functions

高階関数は、他の関数を引数として受け取るか、関数を返す関数を指します。これらは関数型プログラミングで重要な概念であり、主に配列操作関数(map、filter、reduce)で使用されます。

Higher Order Functions

let arr = [20, 30, 40];

let newArr = arr.map((el) => el + 10);
console.log(newArr);

Constructor Function

コンストラクタ関数は、類似したプロパティとメソッドを持つオブジェクトを複数作成するための設計図の役割を果たします。newキーワードを使用して新しいオブジェクトインスタンスを作成します。

Constructor Function

function Person(name, place) {
    this.name = name;
    this.place = place;
}

let user1 = new Person("SJ", "Korea");

console.log(`Hello, World! ${user1.name} from ${user1.place}.`);