GitHub リポジトリ接続方法 (日本語)

Github の接続を解除した場合、再度接続する手続きが必要です。接続が解除されているかは、リンクを通じて確認してください。


GitHub リポジトリの作成

(この記事はミラーを介した方法ではありません。)

以前に接続された GitHub リポジトリの接続を解除した場合、新しいリポジトリを作成する必要があります。

  1. GitHub にアクセスします
  2. New をクリックして新しいリポジトリを作成します
  3. Owner はチームプロジェクトの場合、チーム名を選択し、個人プロジェクトの場合は個人のアイデンティティを選択します。
  4. リポジトリ名は重複しないように入力して作成します。
  5. 説明は簡単な説明を入力してください。
  6. Public、Private は状況に応じて選択します。(ポートフォリオの使用時は Public 推奨)
  7. Add a README file の場合、作成することをお勧めしますが、チェックなしで進めても後で作成することができるため、問題ありません。
  8. Add .gitignore はチェックをお勧めします。(個人リポジトリでも API キーなどの重要な情報を含む場合、.gitignore に記述して push を制限することをお勧めします。)
  9. Choose a license の場合、別途整理してアップロードするようにします。(選択せずに進めても問題ありませんが、Public の場合は内容を確認して選択することをお勧めします。)
github connectgithub connect2

ターミナルコマンドを使用して GitHub リポジトリを接続する

要約すると、GitHub create a new repository on the command line は新しい GitHub リポジトリを作成し、ローカルとリモートのリポジトリを接続する作業を意味し、Push an existing repository from the command line は既存のローカル Git リポジトリを GitHub リポジトリに接続して変更をアップロードする作業を意味します。

既存の接続を解除し、リポジトリを作成して接続する作業なので、Push an existing repository from the command line コマンドをコピーします。

サンプルコード

git remote add origin git@github.com:cptkuk91/explain.git
git branch -M main
git push -u origin main

説明

  • Name
    一度に進めましょう
    Type
    Description

    一行ずつ貼り付けても問題ありませんが、一度に貼り付けても動作します。

  • Name
    接続を確認しましょう
    Type
    Description

    GitHub 接続が解除されたリポジトリで git remote -v を入力した際、何の反応もなかったかもしれませんが、上記のコマンドを入力した後 origin git@github.com:cptkuk91/explain.git と出力されます。

  • Name
    git add .
    Type
    Description

    接続されたら、すべてのデータを GitHub リポジトリにアップロードしてみましょう。

    GitHub リポジトリ接続後

    git add .
    git commit -m "[追加] 既存リポジトリを移行"
    git push origin explain
    
  • すべてのデータをアップロードする前に、.gitignore を確認してください。

  • git add . で行き詰まった場合、変更がないため、コメントでも1つ書いて進めてみてください。

github connect 진행