GitHub コマンド簡単ガイド

GitHub と Git は、現代のソフトウェア開発において重要な役割を果たすツールの一つです。このガイドでは、初心者向けに GitHub と Git の主要なコマンドを簡単に説明します。以下では、Git の主要なコマンドの中からいくつか詳細に説明します。


git init - Git リポジトリの初期化

Gitでバージョン管理を開始するには、まずローカルディレクトリをGitリポジトリとして設定する必要があります。次のコマンドを使用して初期化できます。

git init

git init

git clone - リモートリポジトリのクローン

他のリモートリポジトリの内容をローカルに取得するために使用されます。

git clone [リポジトリのURL]

git clone [リポジトリのURL]

git add . - 変更されたファイルのステージング

変更されたすべてのファイルをステージング領域に追加するために使用されます。ファイルをステージング領域に追加すると、変更内容が次のコミットに含まれるようになります。

git add .

git add .

git commit -m "コミットメッセージ" - コミットの作成

変更されたファイルをコミットし、Gitリポジトリに保存します。コミットメッセージは変更内容を簡潔に説明するために使用されます。

git commit -m "最初のコミット"

git commit -m "最初のコミット"

git push origin [ブランチ名]

ローカルリポジトリのコミットをGitHubや他のリモートリポジトリにアップロードします。共同作業を行ったり、他の開発者と変更内容を共有する際に使用されます。

git push origin [ブランチ名]

git push origin [ブランチ名]