Import Cost (日本語)

「Import Cost」は、Visual Studio Code の拡張機能の 1 つで、コードで使用されている JavaScript および TypeScript モジュールのサイズを測定し、該当モジュールをインポートする際に追加されるバイト数を表示します。これにより、開発者はより優れたパフォーマンスを実現するため、不要な大きなモジュールを特定したり、コードバンドルのサイズを最適化したりすることができます。

使用方法

  1. 拡張機能をインストールし、プロジェクトを開くと、コードでモジュールをインポートする際に、該当モジュールのバイトサイズが自動的にコードコメントとして表示されます。

  2. モジュールをインポートするコード行の上にマウスを移動すると、Import Cost 情報が表示されます。この情報には、モジュールのサイズと該当モジュールが追加で読み込まれるバイト数などが含まれます。


インストール方法

「Import Cost」は、開発者がコードのモジュールサイズを把握し、パフォーマンスを向上させるために役立つ Visual Studio Code の拡張機能です。ただし、プロジェクトの特性に応じて必要かどうかを判断して使用することが重要です。

  1. Visual Studio Codeを起動します。

  2. 左側のサイドバーで「Extensions」アイコン(四角いアイコン)をクリックします。

  3. 検索バーに「Import Cost」と入力し、検索結果リストから該当する拡張機能を見つけます。

  4. 「Install」ボタンをクリックして拡張機能をインストールします。

importcost

利点

説明

  • Name
    パフォーマンス最適化
    Type
    利点
    Description

    不要に大きなモジュールを使用すると、ウェブアプリケーションの読み込み時間が延びる可能性があります。Import Costを使用して大きなモジュールを特定し、最適化することができます。

  • Name
    バンドルサイズの分析
    Type
    利点
    Description

    コードのバンドルサイズを事前に予測することで、アプリケーションの配信時にユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  • Name
    リソース管理
    Type
    利点
    Description

    プロジェクトで使用されるモジュールのサイズを管理し、アプリケーションのリソース使用を最適化することができます。

importcost2

欠点

説明

  • Name
    単純な情報提供
    Type
    欠点
    Description

    Import Costはモジュールのサイズだけを提供するため、モジュールの複雑さや他のパフォーマンス関連情報は提供されません。

  • Name
    必要性の制限
    Type
    欠点
    Description

    すべてのプロジェクトで必要なツールとは限らず、すべての状況で活用することが難しい場合があります。

importcost3